公差補正システムによる効率の良いアセンブリプロセス

16.06.2021

電気自動車はこれまで少量生産しかされてきませんでしたが、これからは効率よく完全自動化した方法でアセンブリできることが必要になるでしょう。

パワートレインではあらゆる箇所で多極のインタフェースが必要となります。その中にはケーブルが繋がっているコネクタが使用できる場合もありますが、モジュールを直接接続するには、ドッキングシステムの方が確実にベターチョイスです。ことに、固定バスバーを搭載した接続では公差が補正できるコンタクトシステムが必要になります。これこそODU DOCKING MATE®が得意とする応用分野です、。プラグインシステムは、こうした公差を正確に補正できるよう設計されているため、自動組立が可能になります。さらに、ODU DOCKING MATE®のハウジングコンポーネントはそれぞれの条件に合わせて簡単に個々の設計が可能で、アプリケーションの総合システムにぴったりと統合できます。

カーボンニュートラルを近い将来達成するというヨーロッパでの気候目標に合わせ、モビリティや移動方法が変わっていくのはもう避けて通れない事実です。そのためのオルタナティブな駆動技術へ移行はすでに始まっているのです。これまで示されてきた駆動方法のどれがメインストリームとなっていくかについては、いろいろ憶測されています。しかしながら、未来を担う各種の駆動方法に共通していることがあります。それはこれまでの内燃エンジンを離れ、電気自動車へと移行していくという点です。自動車メーカーの全生産拠点で車の電動化が始まったことにより、今やアセンブリプロセスにおいては新しいチャレンジが生まれています。